①ルース・ボルトン登場

ロブに戦況を説くおじさん。ボルトン家には生きたまま皮を剥ぐという慣習がある。これまで視聴者が慣れ親しんできたキャラクターもその被害にあう。スターク家の命運を握る人物であり、彼のこの後の行動に注目したい。

②タリサが初登場

ラニスター兵の看病をしている。ロブとは、これから恋仲に発展するのかとも思わせるが、ウォルダー・フレイに南への進軍の条件として、終戦後に彼の娘との結婚を約束していることを忘れてはならない。

③アリアが寝る前に唱える名前

ジョフリー(ネッド殺害の命令を出したし、それ以前から憎んでいた)、サーセイ、イリーン・ペイン(ネッドの首切りを執行した)、ハウンド(王都へ向かう途中、アリアの狼ナイメリアがジョフリーを傷つけた件で、アリアの剣の稽古仲間を殺した)。これらは全て、アリアが殺したいと思う人間たちのリスト。彼女のリストが果たされる日は来るのか?

④ランセル・ラニスター

ロバートの従士をしていた頃からすると、サーセイの庇護の下、だいぶ強気になっている。しかしティリオンには通用しなかった。彼もまた、王都での争いに巻き込まれ、ボロボロになっていくひとりである。

⑤サー・ダヴォスと”紅の女祭司”メリサンドル

ふたりとも、スタニスを王にしたいという気持ちは同じ。メリサンドルのスタニスへの進言はダヴォスにとって理解できるものではない。しかし、彼女の魔術を目の当たりにしたダヴォスはどう思うか。

この2人の関係は、シーズン6で大きく局面の打開を起こす。

⑥メリサンドルが生み出した影

以前、スタニスに息子をあげると言って関係をもったメリサンドル。息子とはこういうことだった。

⑦タイウィンの兵が執拗に追う兄弟団(ブラザーフット)とは?

【インサイドストーリーより】

ボルトンら一部の旗手は捕虜は邪魔だと考える。野営地には大勢を収容できる牢がなく、捕虜に与える食料も十分にはない。平民は殺し、貴族だけ生かして身代金を取るか、拷問し情報を得るほうがいい。

ロブの考え方は「ジュネーブ条約」だ。戦で捕らえた者たちを人道的に扱おうとする。ロブとボルトンの反応の違いが見て取れるのは、タリサがラニスター兵を手当てしているときだ。ボルトンの顔には嫌悪の表情が浮かぶ。「敵を治療するなどヤワだ」と。ボルトンは血も涙もない男に見えるが、考えには一理ある。勝たねばならない戦がある。冷酷な決断も下さねばならない。

今シーズンではアリアの変移が描かれる。ハレンホールへ行く頃にはもはや愛らしい女の子ではない。家族を不当に扱った殺すべき連中の名をつぶやく。一連の名前は祈りの文句のようになる。いつか父の敵を討つまで安眠はできない。

死を目の当たりにしても恐怖は見せない。鋼を鍛えるように怒りを増幅させるだけだ。ハレンホールから抜け出すために衛兵の一人でも殺しそうな予感がする。

スタニスとレンリーが対峙する場面は、まるでシーソーだ。兄弟は和睦を結ぶか、血みどろの戦いをするかの瀬戸際だ。大勢の犠牲者を出す戦に発展するか否かの分かれ目だ。まるで仲の悪い10代の男子のケンカだ。個人的な敬意が表れている。キャトリンは悟っている。和睦に失敗すれば、王たちがどうなるかを。

統治に関して、レンリーはスタニスよりも現実的な考えを持っている。だが弟から正当な継承権を否定されてきた。レンリーは指摘する。視聴者や原作の読者には分かっていることだが「ロバートもターガリエン家も正当な王ではなく、征服により王位に就いた」と。レンリーは主張する。自分の軍勢は兄の軍の比ではないと。自分の方が立派な王になると。確かにスタニスよりはマシだろう。スタニスには民への愛が欠けているように思われるから。